• Article
    • Japanese

    文学にも#MeToo運動が合流…!2018年の海外⼩説ベスト12

    Japan
    / /
    Dec 30, 2018
    それから、引き続き今年も韓国、台湾の文学が数多く訳され、人気を博しています。ファン・ジョウン『野蛮なアリスさん』(斎藤真理子/訳 河出書房新社)、キム・グミ『あまりにも真昼の恋愛』(すんみ/訳 晶文社)、ハン・ガン『そっと 静かに』(古川綾子/訳 クオン)などが印象に残っています。