• Book
    • Japanese
    • Available

    故郷

    Japan
    / / /
    2017
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    貧しさの根本原因に目覚めていく小作農たち―植民地時代の荒廃する農村にあって、たくましく生きる小作人群像とその家族たち、そして若い男女の心の葛藤を、朝鮮の風土を織り交ぜながら描く。朝鮮プロレタリア文学の代表作。 Source: https://books.rakuten.co.jp/rb/15018085/
    • Book
    • Japanese
    • Available

    都市の困惑

    / /
    1993
    / Literature - Chinese literature
    • Book
    • Japanese
    • Available

    (短編小説集)小説家仇甫氏の一日: ほか十三編

    Japan
    / / /
    2006
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction - Anthology of Contemporary Fiction
    朝鮮のモダニズムの旗手として有名な朴泰遠の表題作をはじめ、1910年代から40年代の植民地期の朝鮮近代文学の多彩な短編を、時代を追って読むことのできるアンソロジー。 Source: http://www.heibonsha.co.jp/book/b157983.html
    • Book
    • Japanese
    • Available

    韓国短篇小説選

    1945年以降1970年代までの韓国文学の傑作を精選した初の本格的選集。朝鮮戦争の体験による虚無主義の色濃い50年文学、四月革命の主体となった世代による60年代の社会参与文学、急激な経済成長の裏で疎外される農民・労働者をメインテーマとする70年代文学-骨太なユーモアに満ちた政治諷刺の作品から軽妙なタッチで小市民の暮らしを描く作品まで、本邦初訳6篇を含む19篇の傑作短篇を収録。 source:...
    • Book
    • Japanese

    耽羅の国の物語: 濟州道文学選

    / /
    1996
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    • Book
    • Japanese
    • Available

    都市の困惑

    / /
    1993
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    • Book
    • Japanese
    • Available

    朝鮮短篇小説選

    / /
    1984
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    1930年代~1940年代前半の朝鮮文学は、時代に逆行するかのように多くの秀作を生みだした。下巻には、その中から、冗談めかした語りの妙味を特徴とする金裕貞の「椿の花」「春・春」やダダイズム作家李箱の「翼」を始め、「そばの花咲く頃」「少年行」「五月の薫風」「滄浪亭の記」「泥濘」「留置場で会った男」「狩り」「巫女図」「習作室にて」の12篇を精選。
    • Book
    • Japanese
    • Available

    朝鮮短編小説選

    / /
    1984
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    朝鮮の近代文学は、日本の統治に反対して起こった三・一運動の年―1919年に始まる。上巻には、様々な文芸思潮が流入し、いわゆる傾向文学の時代へとすすむ1920年代~1930年代前半の短篇から、「笞刑」「甘藷」「運のよい日」「桑の葉」「民村」「白琴」「洛東江」「旱鬼」「地下村」「金講師とT教授」の10篇を精選。朝鮮近代文学への概観を与える選集。
    • Book
    • Japanese
    • Available

    人間問題

    Japan
    / / /
    2006
    / Literature - Korean literature - Contemporary fiction
    農村での地主の収奪から都市に逃れ工場労働者となった若者たちは、しだいに階級意識に目覚め立ち上がろうとするが…。多彩な群像で、苦悩し喘ぐ朝鮮の「青春」を描く。 Source: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784582302349
    • Translator
    • Japanese

    大村益夫