Share
  • Book
  • Japanese

走れ、オヤジ殿

Description

臨月の母を捨て出奔した父は、私の想像の中でひた走る。今まさに福岡を過ぎ、ボルネオ島を経て、スフィンクスの左足の甲を回り、エンパイア・ステート・ビルに立ち寄り、グアダラマ山脈を越えて、父は走る。蛍光ピンクのハーフパンツをはいて、やせ細った毛深い脚で―。若くして国内の名だたる文学賞を軒並み受賞しているキム・エラン。表題作など9編を収載したデビュー作、待望の邦訳。

 

 

Source: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784794969811

About the Author

Contents

Works List

E-Book (2)

Translated Books (39)

News from Abroad (56)

International Events (11)

Book Reviews (15)

Videos (3)

LTI Korea Library Holdings