Share
  • Writer

Yun Tong-Ju

  • Birth
    1917 ~ 1945
  • Occupation
    Poet
  • First Name
    Tong-Ju
  • Family Name
    Yun
  • Korean Name
    윤동주

Description

  • English
  • Spanish
  • French
  • Japanese
  • The Literature Translation Institute of Korea summarizes Yun's contributions to Korean literature:

    Yun’s poetry is notable for the childlike persona of his narrators, a sensitive awareness of a lost hometown, and an unusual scapegoat mentality deriving from a sense of shame at not being able to lead a conscientious life in a period of gloomy social realities. “Life and Death” (Salmgwa jugeum) is representative of the poems dating from 1934 to 1936, his period of literary apprenticeship. It describes the conflict between life and death, or light and darkness, but its poetic framework is more or less crude. From 1937 onwards, however, his poems reveal ruthless introspection and anxiety about the dark realities of the times. The poems of this later period reach a clear literary fruition in terms of their reflection on the inner self and their recognition of nationalist realities, as embodied in the poet's own experiences. In particular, they evince a steely spirit that attempts to overcome anxiety, loneliness, and despair and to surmount contemporary realities through hope and courage.

     

    Source URL: https://en.wikipedia.org/wiki/Yun_Dong-ju

  • La poesía de Yun Dong-ju destaca por la inocencia de la voz poética, la conciencia sensible a la pérdida de la tierra natal y la culpa derivada de la vergüenza de no ser capaz de llevar una vida acorde a la triste realidad de la época. "Vida y muerte" (Salmgwa jugeum) es uno de los poemas representativos del periodo de 1934 a 1936, su periodo de aprendizaje de la literatura. Describe el conflicto entre la vida y la muerte, la luz y la oscuridad, pero su marco poético es menos crudo. Desde 1937 sus poemas revelan mayor introspección y ansiedad sobre la sombría realidad de la época. Los poemas de este periodo consiguen reflejar su yo interior y el reconocimiento de la realidad nacional, encarnada en las propias experiencias del escritor. En particular, evidencian un espíritu duro que intenta superar la ansiedad, la soledad y la tristeza y vencer la realidad a través de la esperanza y el coraje.5

     

    Source URL: https://es.wikipedia.org/wiki/Yun_Dong-ju

  • L'Institut coréen de traduction littéraire (LTI of Korea) résume son œuvre de cette manière :

    La poésie de Yun est d'abord remarquable par le caractère innocent de ses personnages, une sensibilité profonde par rapport au sentiment d'abandon et au départ de la terre natale. Il développe tout au long de son œuvre un caractère original et mystérieux dû notamment à son sentiment de culpabilité face à son inadaptation au monde réel et aux réalités sociales de son époque. La vie et la mort (Samgwa jugeum) est représentatif de ses poèmes datant de 1934 à 1936, sa période d'apprentissage littéraire. Il décrit le conflit entre la vie et la mort, entre la lumière et l'obscurité, mais sa prose poétique reste le plus souvent trop dépouillée. À partir de 1937, sa poésie révèle un travail d'introspection implacable et une certaine anxiété envers la dure réalité de son époque. Ses poèmes suivants révèlent la maturité du poète par la mise en poésie de ses propres expériences et par son regard sur les réalités nationalistes de l'époque. Son œuvre part ainsi d'un sentiment de désespoir, d'anxiété, de solitude pour se diriger progressivement vers un message de courage et d'espoir face aux profonds changements sociaux de l'époque4.

     

    Source URL: https://fr.wikipedia.org/wiki/Yun_Dong-ju

  • 1917年、満州は北間島の明東村(現在の龍井市智新鎮明東村)で、尹永錫・金龍の長男として生まれる。幼名は海煥で、のちにこの名を号とした。
    父方の曽祖父が咸鏡道の鍾城郡から間島に移住した朝鮮人移民の家である。1900年、祖父の尹夏鉉が明東村に移り住み、一家は1910年頃にキリスト教に入信していた。尹夏鉉は開拓によって小地主となり、地域のキリスト教会の長老であった。また、東柱が生まれた当時、父は明東学校の教員であった。
    学業と詩作[編集]
    1932年、龍井のキリスト教系学校・恩真中学に入学、一家も龍井に移住した。1935年に平壌のプロテスタント系学校・崇実中学校に編入学するが、崇実中学は神社参拝問題のために1936年に当局によって廃校とされた。東柱は龍井に帰り、日本人経営の光明学園中学部に編入。1936年頃より、延吉で発行されていた雑誌『カトリック少年』に、「尹童柱」「尹童舟」などの名義で童詩を発表し始める。
    1938年、光明学園を卒業し、ソウルの延禧専門学校(現・延世大学校)文科に入学する。この在学中に崔鉉培から朝鮮語を学んでいる。1940年には創氏改名によって「平沼東柱」となった。この間、朝鮮日報や雑誌『少年』に詩を投稿している。
    1941年12月、延禧専門学校を卒業。学校卒業時に、代表作「序詩」を含む自選詩集『空と風と星と詩』の出版を計画するが、恩師とも相談の上、内容的に出版は難しいとの判断から出版を断念。友人に配布したものが後世に伝わることとなった。
    日本留学と死[編集]
    一旦帰郷した東柱は、父に日本留学を勧められ、1942年に日本に渡り、4月に立教大学文学部英文科選科に入学する。4月から6月にかけてソウルの友人に「たやすく書かれた詩」など5編を送ったのが、現存する最後の作品である。夏休みに帰郷したのが最後の帰郷となった。
    1942年9月、京都に移り、10月同志社大学文学部英文学科選科に入学する。1943年7月14日、在学中に治安維持法違反の嫌疑で下鴨警察署に逮捕された。このとき、従弟の宋夢奎、同じ下宿の高熙旭も逮捕されている。友人との会話の中で、朝鮮人徴兵や民族文化圧迫などの政策を非難したり、友人に対して朝鮮語・朝鮮史の勉強を勧めたり、朝鮮独立の必要性を訴えたり、民族的文学観を語ったりしたことなどが、民族意識の鼓吹・民族運動の煽動にあたる罪とされた[2]。逮捕の際に蔵書やノート・原稿類が押収されたが、そのまま所在不明となっており、このため京都で書かれたであろう作品は確認することができない。
    1944年2月22日、尹東柱と宋夢奎は起訴され、3月31日に京都地方裁判所で懲役2年の判決を言い渡される。尹東柱と宋夢奎は福岡刑務所に収監された。
    1945年2月16日、福岡刑務所で獄死した(満27歳没)。なお、獄中で注射を繰り返し打たれていたことから毒殺を疑う説もある[3]。絶命前に言葉を叫んでいるが、日本人看守には理解されなかった。尹東柱について書かれた伝記の中には、この言葉を朝鮮語であったろうと推測するものもある[4]。遺体は父が引き取り、龍井の東山教会墓地に葬られた。なお、ともに投獄された宋夢奎も3月10日に獄死した。

     

    Source URL: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%B9%E6%9D%B1%E6%9F%B1

Translated Books (21)

Book Proposals (1)

E-Book (1)

News from Abroad (2)

Report/Texts (1)

Video (1)